HOME  > 学生からのメッセージ > 看護学科

看護学科

在学生

看護の重要性を見つめ直すきっかけになりました。

 看護学科3年
 三上 太聖さん

 いま私は、成人看護学や小児看護学、老年看護学、精神看護、在宅看護などの臨地実習で必要となる知識やケアの行い方、疾患を持つ方への声がけの方法などを学んでいます。なかでも特に関心を抱いているのがリスクマネージメントです。実際にあった看護問題を題材に、どうすれば問題が起きなかったのか、現場でどのようなことに留意すればよいかなどを学び、あらためて看護の重要性を見つめ直すことができました。また、心理学や人体の構造などの科目を通して、新たな視点への気づきを得ることができました。これからも真剣に学びを深めていきます。

学生1



卒業生

“チームの一員として役割を果たす”ことの重要さを学びました。

 日本医科大学付属病院 勤務
 池内 茉季さん

 主に心臓に疾患をかかえた患者様が多い病棟で勤務しているため、急変のリスクも高く、些細な変化に対する看護師の気づきがとても重要です。検査データ等の客観情報から変化に気づくことはもちろん、日々患者様と接するなかでその表情や発言などにも気を配り、変化を敏感に察知できるよう努めています。在学中は、先生方や先輩方、仲間とのコミュニケーションを通じて“チームの一員として役割を果たすこと”の重要さを学びました。同じ看護師をめざす仲間と切磋琢磨しながら学んだこと、特色ある青森の文化に触れたことも思い出深いです。
卒業生N2




学生からのメッセージ
学生からのメッセージ
生涯学習を支援します。 各制度をご利用ください。