HOME  > 学生からのメッセージ > 社会福祉学科

社会福祉学科

    在学生からのメッセージ         卒業生からのメッセージ  

福祉の実践に向けた学びを。

 社会福祉学部3年
 石澤柊人

 私が履修した科目のほとんどが、社会福祉・精神保健福祉の国家試験を受験するのに必要なものです。大学の試験では、高校の時のような記述式のテストの他に、自分の考えを述べる論述式のテスト等があります。この論述式では、授業で学んだ部分と自分の考えを上手く噛み合わせて文章を書くことがポイントになると思います。
 大学では、一人ひとりが、自分で時間割を作るため、授業が早く終わる日が出来る場合があります。その場合アルバイトやサークル、図書館などの施設で勉強、友達とショッピングに行ったり、自由に行動する機会が多くなると思います。
 ぜひ、時間を有効に使って、楽しいキャンパスライフを過ごしてみましょう!

学生1

児童福祉に関する仕事への思いが、さらに強く。

 社会福祉学科4年
 風間姫花

 大学では、講義の他に福祉施設での実習があり、私は児童養護施設で実習を行ないました。厳しい現実と向き合う覚悟が必要な現場であることを肌で感じたのと同時に、子どもたちの素直でまっすぐな姿を見て、大きなやりがいのある仕事だということも実感。
 そうした実習を通して、児童福祉に関る仕事がしたいという思いが一層強くなりました。これからも夢に向かって頑張ります。

学生2

人々のより良い生活をサポートしたい。

 社会福祉学科4年
 土谷 楓

 入学当初の夢は、教職に就くことでした。しかしこの大学で「社会福祉」という概念を知り学んでいくうち、「社会福祉」とは何か、「生活」をより良くするとは何かについて考えるようになったんです。
 現在は「子どもの貧困」について「福祉」と「教育」の視点から課題解決の方法を探り学んでいます。
 将来はその視点を活かし、人々のより良い「生活」を考えられる職に就きたいです。

学生3



  • このページの先頭へ

社会福祉士
多くの方との出会いから、人としても成長させてもらえるやりがいのある仕事

 青森県五所川原市地域包括支援センター
 福井裕也さん

 五所川原市福祉部介護福祉課地域包括支援センターで、社会福祉士をしています。高齢者に関するあらゆる相談対応から権利擁護業務、地域包括ケアシステム関連、認知症に関する普及啓発や初期集中支援など、仕事は多岐に及びます。
 地域や現場で挙がる「もっとこんなサービスがあれば」「この地域にはこんな麦源が必要」等の声を福祉専門職として受け止め、形にしていくプロセスにはとてもやりがいを感じています。
 また多くの方と接する機会があり、様々な人生の形を勉強させていただく中で視野も広がりました。ひとりの人としても成長させてもらっています。

卒業生1

精神保健福祉士
周りの人の支えが成長に。将来は新たな資格も取り、地域生活を支えていきたい。

 医療法人芙蓉会 芙蓉病院 地域医療連携室
 工藤鮎子さん

 精神科病院地域医療連携室で、精神保健福祉士として勤務しています。入院手続きや退院支援に至るまでの関わり、制度の情報提供など、受診相談や退院支援が主な業務です。
 時には、自分の不甲斐なさに落ち込むこともあります。しかし、身近で先輩方が暖かく見守り支えてくれています。患者様やご家族と関わる中で感謝の気持ちを伝えてもらった時などは、素直に嬉しいです。そんな一つひとつの経験から成長させてもらっていることを実感する日々です。
 現在は、病院勤務ですが、いずれ介護支援専門員や相談支援専門員の資格を取得し、将来は地域生活を支えていけたらと思っています。

卒業生2

どんな仕事に就いても役立つソーシャルワークの学び。
自分の能力を伸ばしたい人にもお勧めします。

 株式会社青森ダイハツモータース弘前神田店
 相馬健甫さん

 車の販売を中心に、車検や車の点検等の誘致、入庫などの業務に携わっています。
 大学3年生までは福祉職を考えていましたが、3年の実習時に現場と向き合い、本当にそれで決めていいのか不安に。その後の一般企業への就職も含めた就活で素晴らしい出会いがあり、現在に至ります。
 ヒロガクで学んだソーシャルワーク(相談援助)は、傾聴の姿勢でお客様のニーズを引き出すのにとても役立っています。そういう意味では社会福祉学部に入学から福祉関連の仕事に就く、そう決めつけなくても道は広がっているということを身をもって実感しました。自分の能力を伸ばしたいという人にもお勧めです。

卒業生3
学生からのメッセージ
学生からのメッセージ
生涯学習を支援します。 各制度をご利用ください。